VSEOマーケターになれば、スマホ1つで稼げるのか?

VSEOマーケターになれば、スマホ1つで稼げるのか?

VSEOのメリットの1つに、スマホだけで稼げるという旨をお伝えしましたが、皆さんはどう感じたでしょうか?

私が知った当初は、あれだけ凝った動画がアップされる中で、スマホだけで挑むのは流石に無謀だと思っていました。

しかし、これから紹介する4つの理由を実感していくうちに、その考えを改め直したのです。

ずばり、ここで結論だけお伝えしましょう!

スマホだけでも、VSEOマーケターとして活躍することは十分に可能です!

あなたも、以下の内容を踏まえた上でぜひチャレンジしてみてください。

VSEO公式HPへ

スマホだけでも稼げる理由1:性能がPCに追いつき始めたから

最近のスマホはとても高性能で、編集を行うにしても、PCと遜色ないクオリティでできちゃいます。

画質にしても非常に高解像度で、どんな景色も鮮明に撮影できるでしょう!

またスマホ用のキーボードも周辺機器にあるみたいで、操作性に関しても、PCと同じように行えます。

そう考えれば、今後わざわざPCを使う必要もないかもしれないですね。

スマホだけでも稼げる理由2:YouTube人口の増加

YouTubeが公的にサービスを開始したのは2005年ごろになりますが、それから年々ユーザーを伸ばしています。

今では15億近いアカウントが登録されているようで、まさに世界的な動画コンテンツと言えるでしょう。

日本のユーザーに関して言えば、3割の人が1日3時間以上もYouTubeを視聴しているようで、完全にテレビの代わりとなる娯楽になっています。

さて、ユーザーが増えるということは、どのような影響があるかお分かりでしょうか?

予想つくかと思いますが、その分市場に出回る資金も増えるということであり、企業が投じる広告費も多くなるということですね。

そのため例えスマホで動画を作ろうが、多くの投稿者も潤う、即ち稼ぎやすくなる構造になっているのです!

スマホだけでも稼げる理由3:5Gの普及とデバイスの多様化

5Gの普及によって、今後動画市場が伸びていくことは明らかです。

また通信帯域が発達するということは、スマホやPC以外のデバイス、例えばカーナビや腕時計などでもYouTubeを利用できるようになるでしょう。

増えていく視聴者を捉えるために必要なのは、PCが必要になる凝った編集ではありません。

いかに早く動画をアップできるか、これこそが最も重要であり、また撮影環境を持ち運べるスマホの強みです。

いつでもどこでも撮影できる、その「迅速性」を活用できれば、PCと十分に棲み分けできると言えるでしょう。

スマホだけでも稼げる理由4:量産性とスルー文化

敢えて凝った編集をしないということは、その分早く、また大量の動画を投稿することができます。

どの分野の副業にも言えることですが、最初のうちは、「量」はそれなりに必要であり、「量」こそ正義です。

質より量を重視して、とにかく多くの動画を出せるという、スマホならではの強みがあります。

また、どれだけ動画を投稿したところで、特にベナルティがないというのも、スマホVSEOマーケターを後押しします。

皆さん、特に興味がない動画がレコメンド表示されたとして、どうしますか。

おそらくスルーして、他の動画を再生しますよね。

わざわざ動画元まで行って、低評価をつけるなんて人はいないでしょう。時間の無駄ですから(笑)

つまり結局のところ低評価をつけられるリスクもなく、動画を出せば出すほど目に留まりやすい、チャンスも広がって稼げやすい、という構造になってます。

そのため、スマホの利点である「量産性」を活かして、最初のうちはどんどんアップするべきでしょう!

スマホのみで運営するチャンネルの事例紹介

VSEOの可能性をより実感していただくために、私が運営しているチャンネルを紹介しましよう。

ここで取り上げる2つのチャンネルは、どちらもスマホのみ、かつ編集を加えていないコンテンツになりますので、参考にしていただけると思いますよ。

さて、1つ目のチャンネルは「詰将棋」について解説・紹介するチャンネルです。

詰将棋は次から次へと新しいものが生み出される、ネタ切れのないコンテンツですので、企画を練る必要はありません。

また、視聴者の年齢も高く、将棋本来の臨場感を楽しみたいという方も多いので、編集を加えずともコンテンツとして十分成立しているのです。

2つ目は、私の趣味の延長でもある「話題アニメ」について、紹介するチャンネルです。

アニメは、季節ごとの新しいものが放映されるため、こちらもネタ切れすることはありません。

ネット上から情報を拾い集めて、エンドロール風に流すだけのものですが、クオリティが低くなったとしても需要が大きいので、再生数を稼げています。

まだまだ、運営しているチャンネルはありますが、これらの事例を見ても、工夫次第、市場選び次第で、十分スマホでも稼げるということが、お分りいただけたのではないでしょうか。

VSEO公式HPへ TOPページを見る